iPhoneアプリレビュー・検索サイト Boom App(ブームアップ)

  • Boom Appをフォロー
  • Boom App Facebookページ
  • Boom App twitterアカウント
  • RSS

Plague Inc. -伝染病株式会社- 悪の組織になった気分?伝染病を作って人類を破滅に導くゲーム

posted by manami at 2013.10.10
120円

Plague Inc. -伝染病株式会社-

「伝染病を作って人類を破滅させる」話題のアプリ、『Plague Inc. -伝染病株式会社-』。不謹慎?だけど夢中になるリアルなシミュレーション!どの国から感染させる?どんな症状を進化させる?どんな耐性をつける?国の特徴や国際状況に応じて伝染病を変異させる、戦略性が攻略のポイントです。

App Storeからダウンロード

『Plague Inc. -伝染病株式会社-』ってどんなゲーム?

最近、ウイルスを広めるゲームが流行っているらしい…そんな噂を聞いたことありませんか?AppStore有料ランキング1位、人気を確かめるまでもなく流行っているこちらのアプリがこちら『Plague Inc. -伝染病株式会社-』。

ウイルス、いえ、正確にはウイルスをはじめとした伝染病(バクテリア・真菌・パラサイトなど)を開発し、全世界に伝染病を広め、最終的には人類を一人残らず死亡させればプレイヤーの勝利という、なんとも恐ろしいゲームです…。

戦略性が高いとのことで、なんだか難しそうな予感もしますが…はたして筆者でも楽しくプレイできるのかプレイしてみました!

オリジナルのウイルスで世界を破滅へ。まずはウイルスの基本を作成。

まず最初は…伝染病の種類を選択するようです。
最初に使えるのはバクテリアのみ。他の伝染病もアドオン課金のほか、頑張って実績を重ねることで解放されるらしいです!

無双したい方は、「解放加速」コーナーで、ウイルス単品や、伝染病・チートなどのパックを購入することもできます。

もっとヤバイ伝染病を作りたいぜ!という方は、「脳食い虫」「ネクロアウイルス」などの特殊伝染病も揃ってます。
こちらもアドオン購入や実績で解放可能。

伝染病の種類を選んだら、次は難易度を選択。とりあえず最初なのでEasy一択ですね!

Easyモードは、・誰も手を洗わない・研究医たちが働かない・病気の人々はハグされる…という感染が広まりやすい世界のようです。

オリジナルの伝染病に名前をつけます。BoomAppにちなんでBoomと名付けましたが、ふざけた名前をつけても面白いかもしれません。「中二病」や「ロリコン」を広めることだってできてしまいますよ!

そしてさらにカスタム、遺伝子コードの変更。最初のプレイでは遺伝子コードを持っていないので変更はできません。

人類に勝利すると新しい遺伝子コードがもらえるので、もらったら使ってみましょう!伝染病の進化に必要なDNAポイントが手に入りやすくなる「DNA遺伝子」、感染の拡大にブーストがかかる「トラベル遺伝子」など、5カテゴリ×5つの遺伝コードが用意されています。

作った伝染病をばらまく先は?世界征服は戦略的に…

作った伝染病を最初に感染させる国を選びます。今回はインドを選択しました。
ここから恐怖の伝染病が全世界に広まります…。

感染者数、死亡者数、世界地図をタップすると見れる各国の情報。さらに「病気」から確認・進化退化をさせられる伝染病の性質、「World」から見れる世界の感染状況などをもとに、臨機応変に伝染病を変異させていきます。

ときどき現れるオレンジのバブルと新しい国を感染させたときに現れる紫のバブルは、
タップすることでDNAポイントを手に入れることができます。現れたらサクサクタップしていきましょう。トータルのDNAポイント、どのように配分するかが勝負を分けます!

伝染病を世界に広めるには、空気や水、鳥や虫などを媒介にすることが必要。
どんなルートで伝染病を広めるのか策を練り、「伝染形質」から伝染病に加えたい形質を加えます。

咳やくしゃみ、皮膚病…症状から感染を広めることもできます。最終的には人類をすべて滅ぼさなくてはいけないので、タイミングをみて死に至るような症状へ進化させることも必要になります。別の症状の進化が合わさると、恐ろしい複合症になったりも…。

寒い環境、暑い環境…さまざまな環境で伝染病を広めるためには、伝染病自体の能力も高めておかなくてはいけません。
薬物耐性を高めることは、都市部での感染を広めるほか、後で説明する「Cure」対策にも有効!

飛行機に乗って、船に乗って、渡り鳥にくっついて…世界中に感染が広がっていきます。赤く染まっていく世界地図を見ていると、悪の組織になった気分ですね。

ちなみに、世界地図の上やポップアップで見られるワールドニュースも、うまく感染を広げるための大切なヒント。大量の渡り鳥飛来なら、鳥を介して感染するよう進化させるなど、ニュースによって作戦を変更することも必要かもしれません。

人類の抵抗!「Cure」の開発で病原体が駆逐される!?

しかし、人類もやられっぱなしではありません!伝染病を駆逐する最後の希望、それが「Cure」。

伝染病の存在に気付いた瞬間から人類は伝染病用Cureの研究を始めます。地図上に現れる青いバブルをタップして研究を妨害したり、薬物耐性など伝染病の性質を進化させて研究しにくくしたり、伝染病の危険度を高めCureの研究を牽引している国を崩壊させたり。

ちなみに筆者の体験上、Cureが完成すると伝染病の勝利は絶望的になってしまいます。うまく対抗する方法もあるのかもしれませんが、初心者にはかなり難しそう。なんとしても、Cureの完成前に先手をうちましょう!

Cureの研究状況と、Cureが完成するための必要条件はグラフでも確認可能。
人類がゼロになるのが早いか、Cureが完成し人類が反逆するのが早いか…ハラハラドキドキの攻防戦が繰り広げられます。

マップ内の国土>国名の左のインフォメーションマークをタップすると、国別の感染状況も確認できます。
Cureとの攻防でもきっと役に立ってくれるはず…。

感染経路では国別の状況も一覧で確認。Cure研究を進めている国を破滅に導けたら、Cure研究をストップさせることができるかも?

人類はほぼ破滅状態。これで勝利できる?と思っていたら、なんと伝染病の致死率が高すぎ、人類全員に感染する前に宿主をすべて死亡させてしまいました。
どうやら、感染力と危険度のバランスが悪かったようです…。

今回は「危険度>>感染力」だったためにこんな結果になりましたが、逆に「感染力>>危険度」でも感染者ばかり増え、人類が全滅する前にCureが完成してしまいます。
ここのバランスをとりつつ、効率よく感染を広げる戦略が『Plague Inc. -伝染病株式会社-』には必要。

新感覚の戦略ゲーム、最近頭を使ってない方も、頭を使うゲーム大好きな方も、ぜひともチャレンジしてみてください。Easyモードでも結構難しく、かなりやりごたえがありますよ!伝染病の怖さを実感するのにも良いゲームです(笑)

App Storeからダウンロード

Plague Inc. -伝染病株式会社-

価格 120円
開発 Ndemic Creations
販売元 Ndemic Creations LTD
カテゴリ ゲーム
バージョン 1.16.5
サイズ 118.31MB

Boom Appの情報をFacebookで購読する

当サイトの情報はFacebookでも配信しています。新着のアプリ情報をゲットできますので、Facebookをご利用の方は下の「いいね!」を押して是非フォローをしてください。

関連記事

人気スマホゲームの攻略情報

カテゴリから探す

特集

新着アプリレビュー

App Store人気ランキング

  • 無料
  • 有料
  • セール
ページの先頭へ戻る